HOME長安第三隧道
コンクリ坑門+素掘り
謎の空間 
薮を漕ぎ分けて進むと突如として旧道上に現れる
謎の空間!!・・・というか農場?倉庫?

民地ではない場所に立入禁止が設けられていますが
官の仕業にしてはお粗末なフェンスや標識類。。。

ここの施主は現道から10m近い腐った手製梯子を使って
行き来しているようです。なんと危ないことを・・・。

不法占有 
皇居のお堀でも問題になっている不法占有ですね。

落石が雑種地の横に落ちてきており危険・・・
立入禁止にしていることから、虎鋏が仕掛けられている
可能性もあったので法面から迂回しつつ進みました。

それと、私は鉄板入りの強いブーツを履いていたので、
歯のない罠なら踏んでも骨折は免れます。真似厳禁。

東側 坑口 
見えてきました!と言いたいのですが、薮で・・・
植生の向こう側に微妙にコンクリ坑門が見えています。

坑門前の路面は崩れ落ちて消失していました。

 
坑門直前の路面がごっそり落ちているので、
巧く全体像を撮影できませんでした。

しかし、パノラマモードを使って坑門の全景
無理やり撮影したのでリンクしておきます。

素掘りの様子 
入口こそコンクリ坑門が付いていましたが、
内部は吹付けもされていない生粋の素掘りです。

後ろを振り返るととんでもない場所に来た
と言うのが正直な感想。壁面が崩れ始めていました。

これから先は明るいライトがないと進めません。

坑口付近 
官民境界の石柱が坑門の脇に残されていますが、
風化により判読は難しくなっていました・・・。

どういう理由があったのか、掘り下げられた路面
隧道本来の高さを50cm近く嵩上げしています。

路面の高さが本来の位置ではないことから、
境界の石柱はどこからか持ち込まれたのかも?

P1 P2 P3
[編集]
CGI-design